~将棋をより深く・楽しく・面白く~

【王位戦】(第1局2日目昼)豊島8段 vs 菅井王位

2018/07/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
つわぶき
アマチュアの将棋愛好家で、バランス重視の振り飛車党。最高R2511。
高校時代には仲間にも恵まれ、全国大会団体戦で優勝しました。

将棋の普及にも興味があり、子ども将棋教室を何度も開催。
指導対局はもちろん、ときには駒の動かし方をレクチャーすることもあります。

これまで海外20か国以上を訪問。滞在先で将棋の普及やチェスの対局を楽しんでいます。

普段は当ブログでプロの対局解説や、棋界情報などを発信しているので、ぜひ覗いてください。twitter(@tsuwa_chesshogi)もやってます!

当サイトについてはこちら、自己紹介はこちらをご覧ください。





平日のお昼ですが、時間があったので投稿します!
王位戦2日目昼までのハイライトです。(中継サイトはこちら

平成最後の年に、初の平成生まれ同士のタイトル戦が開催ということで注目を集める本対局。
2日目は封じ手の「45歩」から始まり、見応えある応酬が始まりました。

1日目の記事では「75歩」を予想していたのですが、45歩同銀75歩となり展開は一致。
攻めを続けたのは先手が十分と見ていた証拠でしょう。
[関連記事]>>>【王位戦】(第1局1日目)豊島8段 vs 菅井王位

 

55手目には一見気持ちのよい「十字飛車」が飛び出しました。
しかし当然ながら、次に取れる駒は1つだけ。後手も右の銀を守れば粘りの利く展開に進みそう。

予想通り64銀に45飛54角と進み、後手は馬を作って防御力を高める筋を見せます。
飛車の引き場所は「46」「47」「48」のうち、「46」を選択。
飛車がいじめられにくく安定している「47」もあったと思います。

 

指了図は明確に先手良しとは言えず、「先手まずまず」「先手十分」といった形勢です。
今日のこれまでの進行では先手に明確な悪手はなく、少なくとも次善手以上の指し回しだったと思います。

豊島8段の強靭な抵抗が奏功したということもありますが、もともとはっきり先手良しとまで言える局面ではなかったということでしょう。

午後も楽しみに展開を追ってみたいと思います!

<あわせて読みたい>
>>>【王位戦】(第1局1日目)豊島8段 vs 菅井王位
>>>【藤井聡太】増田康宏 六段 vs 藤井聡太 七段 第31期竜王戦決勝トーナメント
>>>【エッセイ】【悲報】イップスでゴキゲン中飛車が指せなくなった件

>>>カテゴリー「将棋ニュース」
>>>カテゴリー「エッセイ」

 

<考察が役立った方はクリックお願いします!>

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

お買い物関係




この記事を書いている人 - WRITER -
つわぶき
アマチュアの将棋愛好家で、バランス重視の振り飛車党。最高R2511。
高校時代には仲間にも恵まれ、全国大会団体戦で優勝しました。

将棋の普及にも興味があり、子ども将棋教室を何度も開催。
指導対局はもちろん、ときには駒の動かし方をレクチャーすることもあります。

これまで海外20か国以上を訪問。滞在先で将棋の普及やチェスの対局を楽しんでいます。

普段は当ブログでプロの対局解説や、棋界情報などを発信しているので、ぜひ覗いてください。twitter(@tsuwa_chesshogi)もやってます!

当サイトについてはこちら、自己紹介はこちらをご覧ください。












- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つわぶき将棋の園 , 2018 All Rights Reserved.