~将棋をより深く・楽しく・面白く~

【王位戦】(第1局1日目)豊島8段 vs 菅井王位

2018/07/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
つわぶき
アマチュアの将棋愛好家で、バランス重視の振り飛車党。最高R2511。
高校時代には仲間にも恵まれ、全国大会団体戦で優勝しました。

将棋の普及にも興味があり、子ども将棋教室を何度も開催。
指導対局はもちろん、ときには駒の動かし方をレクチャーすることもあります。

これまで海外20か国以上を訪問。滞在先で将棋の普及やチェスの対局を楽しんでいます。

普段は当ブログでプロの対局解説や、棋界情報などを発信しているので、ぜひ覗いてください。twitter(@tsuwa_chesshogi)もやってます!

当サイトについてはこちら、自己紹介はこちらをご覧ください。





王位戦1日目のハイライトです。(中継サイトはこちら

平成最後の年に、初の平成生まれ同士のタイトル戦が開催ということで注目を集める本対局。
菅井王位の初手56歩から始まりました。
[関連記事]>>>【エッセイ】観る将必見!いかにも将棋の棋士っぽい!?イケメン棋士5選!【小話あり】

昨年の王位戦では、羽生先生相手に56歩34歩78飛という独創的な振り飛車を見せた菅井王位。
本局はどうなるかと思いましたが、普通に先手中飛車に落ち着きました。

 

29手目:54同飛

30手目に65桂が見えるところです。
以下、65同銀同銀に53飛成!?(同銀に55角の王手飛車狙い)という面白い手があるものの、駒得してるわけではないので、見た目以上に忙しいんですよね……

と、思っていたら本譜は替えて94歩でした。
5筋交換が無条件でできた先手としては、まずまずといった気がします。

 

34手目:42金左

玉を「箱入り娘」調に固めつつ、52飛から5筋逆襲を含みにした手。
AIが発見し、千田6段が実戦投入した筋として記憶に新しいところです。

ここで菅井王位が封じ手です。
持ち時間の消費はどちらも3時間52分、全体8時間のほぼ半分です。

攻めるなら75歩、守るなら47銀や16歩でしょうか。
僕のGPSfishはどの手も+150くらいでした。
こうなれば、振り飛車党ということもあり、振り飛車を持ってみたいですね。

 

<あわせて読みたい>
>>>【藤井聡太】増田康宏 六段 vs 藤井聡太 七段 第31期竜王戦決勝トーナメント
>>>【エッセイ】【悲報】イップスでゴキゲン中飛車が指せなくなった件

>>>カテゴリー「将棋ニュース」
>>>カテゴリー「エッセイ」

 

<考察が役立った方はクリックお願いします!>

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

お買い物関係




この記事を書いている人 - WRITER -
つわぶき
アマチュアの将棋愛好家で、バランス重視の振り飛車党。最高R2511。
高校時代には仲間にも恵まれ、全国大会団体戦で優勝しました。

将棋の普及にも興味があり、子ども将棋教室を何度も開催。
指導対局はもちろん、ときには駒の動かし方をレクチャーすることもあります。

これまで海外20か国以上を訪問。滞在先で将棋の普及やチェスの対局を楽しんでいます。

普段は当ブログでプロの対局解説や、棋界情報などを発信しているので、ぜひ覗いてください。twitter(@tsuwa_chesshogi)もやってます!

当サイトについてはこちら、自己紹介はこちらをご覧ください。












- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つわぶき将棋の園 , 2018 All Rights Reserved.