観る将から指す将まで

【エッセイ】藤井聡太7段の「待った」疑惑騒動への所感

2018/07/05
 





例の「待った」騒動、僕は全く問題視していなかったのですが、結構な議論になっていますね。

しっかり記事を書こうかなとも思ったのですが、時間の無駄ですし、すでにtwitterで同意できる意見がたくさんあったので、簡単に転載して記事にしようかなと思います。

大原則はこれ。
指摘がなかった以上、どちらが勝ったとしても、「投了優先」の原則が働いて勝者が決まります。



連盟が公式見解を出したことで騒動は幕引きです。
往々にして組織での決定は時間がかかるところ、迅速な対応で本当に素晴らしいと思います。

連盟の公式見解に先立って、SNSで行き過ぎた持論を述べている一般棋士がいたところに違和感を持っています。
残念ながら、「処分の是非」どころか「処分の内容」にまで踏み込んでいる棋士もいました。
組織に属する身として、権限を持たないのにここまで言い切ってはいけないでしょう。

連盟の公式見解後も、彼からの謝罪はありません。以前の冤罪事件から何も学ばなかったのでしょうか。


一方で、束縛されるべき義務のないファンの我々には騒ぎ立てる権利や、独自で「待った」かどうか認定する自由があると思います。
僕はその権利を行使しようとは思いませんが……

そんなことより今日の豊川―藤井戦を見守りたいところです。

<あわせて読みたい>
>>>【藤井聡太】増田康宏 六段 vs 藤井聡太 七段 第31期竜王戦決勝トーナメント
>>>【藤井聡太】深浦康市 九段 vs 藤井聡太 七段 第66期王座戦挑戦者決定トーナメント
>>>【エッセイ】サッカーも熱いが将棋も熱いポーランド
>>>【エッセイ】【悲報】イップスでゴキゲン中飛車が指せなくなった件

>>>カテゴリー「エッセイ」
>>>カテゴリー「藤井聡太」


<賛同してくださる方はクリックお願いします!>


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

お買い物関係















Copyright© つわぶき将棋の園 , 2018 All Rights Reserved.