観る将から指す将まで

【羽生善治】羽生善治 棋聖 vs 豊島将之 八段 第89期棋聖戦五番勝負 第5局

2018/07/21
 





棋聖戦最終局・第5局のハイライトです。(将棋DBの棋譜はこちら
2-2で迎えた最終局。戦型は、僕が事前予想で次点として上げていた角換わりとなりました。

[関連記事]
>>>棋聖戦五番勝負 第4局
>>>第5局事前予想

豊島先生の「勝ちたい」という気持ちがひしひしと伝わってくる将棋だったと思います。
悲願の初タイトル、心からお祝い申し上げます。

 

手待ちの方法(38手目:41飛)

第4局と同様、角換わりとなりました。
前回は後手の豊島先生が金を52→62に動かす手待ちを見せましたが、今回は真っすぐ1手で62金。
よくある形に落ち着くかと思いましたが、本譜は41飛。

このタイミングでの41飛は個人的に初めて見ましたが、展開によって玉がどちらの方向に動いてもおかしくない形であり、非常に攻守のバランスが取れていると思います。

 

意表の角打ち(45手目:47角)

44の地点で歩交換が起こりました。
「45歩~46角か、47歩の二択」と思っていたら、わずか3分の少考で47角。

恐らくは研究手だと思います。豊島8段や検討陣も意表を突かれていたようでした。
この角は、「何かの拍子に56の銀を動かして、薄い74の地点を狙おう」という手です。
ただ、後手からの47飛成~38角や46歩の筋があるので、一筋縄ではいきません。

なお、右玉の相手に18角と打つような形は有名で、いわゆる筋違い角が常に意表の一手というわけではありませんね。

本譜は以下41飛に75歩!と強く攻めかかります。
この局面を「攻めている」と捉えるか「先手忙しい」と捉えるか。棋風に現れると思います。




本局の「分岐点」(56手目:65歩への応手)

56の銀を55に動かして駒をぶつけた先手。
対して後手は、64の歩を伸ばし、一番固い65の地点で受け止めます。

ここで44銀と取ったのがあまりよくなかったと思います。
54の銀を取ったほうが玉頭に空間ができますし、後手も強い戦いができなくなります。

2~4筋が弱体化したのは確かですが、本譜は3筋の攻めを都合のいいタイミングで手抜かれて反撃を浴びる格好となってしまいました。

 

待望の反撃(69手目:33同歩成への応手)

ここではすでに豊島8段が相当いい印象です。

玉が広いですし、相手の持駒も少ない。
45の桂が質駒になっているのも大きな要素です。

ここで後手は、8筋のくさびを活かし88銀と強く打ち込み。
結論から言うと、この後は先手陣の左辺でのみ攻防が行われ、豊島8段が一方的に攻め倒す展開になりました。

 

決め手、豊島棋聖の誕生(95手目:79桂への応手)

防戦一方になる羽生棋聖。
ここで79桂と打ち、「87」と「67」の両方に利かせましたが、66歩!の取り込みが絶好でした。

以下68歩に87歩!と、まさしく一歩千金です。
同銀同銀成同桂78金と進み、一瞬で寄ってしまいました。

<投了図>
投了図以下、同桂に77角から鮮やかでぴったりな詰め上がりとなります。

 

群雄割拠の時代に

調べたところ、各タイトルが全員別の棋士が持つことになったのは、昭和62年以来のことです。
(名人・中原誠、十段(現在の竜王)・福崎文吾、棋聖・桐山清澄(豊島将之の師匠)、王座・塚田泰明、王位・谷川浩司、棋王・高橋道雄、王将・中村修)。

将棋ソフトの発展によって、将棋界のレベルはプロ・アマ問わず上がっていると思います。
僕としては「誰がタイトルを獲得してもおかしくない時代が来る」と予想しているので、若手を中心として、今後の将棋界にも注目していきたいですね。

 

 

[Amazon 売れ筋ランキング]
売れ筋商品を紹介しています! >>>確認するにはコチラ

[あわせて読みたい]
>>>【羽生善治】豊島将之 八段 vs 羽生善治 棋聖 第89期棋聖戦五番勝負 第4局
>>>【羽生善治】佐藤天彦名人が羽生善治竜王を4勝2敗で下し、名人防衛

>>>カテゴリー「羽生善治」
>>>カテゴリー「藤井聡太」

 

<考察が役立った方はクリックお願いします!>















Copyright© つわぶき将棋の園 , 2018 All Rights Reserved.